ふつつかものですが。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときどき読書

ちょっとずつあったかくなって嬉しい(*゚∀゚*)

3月末に、千鳥が淵の夜桜に行ったりしたけども
ちょっと寒すぎじゃないですか。
たとえお湯割り焼酎を飲んでても冷え性には辛かったです。

暖かくて読書、気が向いたら寝る、なんて幸せ。
たいていの本は図書館で借りられることが分かり気になる本は
買わずに借りております。バンザイ図書館。

以下読んだ本のメモ。

僕たちの前途僕たちの前途
(2012/11/22)
古市 憲寿

商品詳細を見る
「(中略)絶対的な正しさも絶対的な間違いもない。なんとなく日々は進んでいく。それなりに楽しいことや落ち込むことだってあるけれども、それは魂から揺るがすような、絶対的な何かではない」本ではピースボートのことを書いているんだけど、これこそ旅行に行く理由というか。退屈な日常や行き詰った現実からの出口を、自分はモザンに求めてた。それは感じてたけど、自分の言葉にしなかった。言葉にしたらまさにこれ。みんな同じことを思うんやね。

たくらむ技術 (新潮新書)たくらむ技術 (新潮新書)
(2012/12/15)
加地 倫三

商品詳細を見る
アメトークの番組観覧に行ったので、読みたかった。TV業界ってきびしいけどやっぱ楽しそうだなーという印象をさらに強める。ADはキャビネットとか、トイレで寝るとか、過酷な生活を最近生々しく聞いたから、この年だとうーーんとも思うけど。
怖い絵怖い絵
(2007/07/18)
中野 京子

商品詳細を見る
絵心も絵にも感心なかったんやけど、杉崎智介のle Salonを聞いてるうちに、絵の時代背景とか、画家の人生とか、人間の怖さがたのしくなってきて読んでみた本。帰ったら大塚美術館に行こう!
新世界より 上新世界より 上
(2008/01/24)
貴志 祐介

商品詳細を見る
どーーーーっぷりはまってしまった。この人だと、悪の教典とか、もうちょっと最新のじゃないのかよって言われそうだけども。これはアニメにもなってて全話見てしまった。音楽と世界観がすごくよくできてた。でもやっぱオリジナル(本)がいい。

春樹さんの本を図書館で借りるのは難しいだろーなぁ。。
そんなわけで睡眠が不足中の4月。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013年04月18日(Thu)01:09 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013年04月18日(Thu)01:13 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。